← 英語(English)       Login [JST]   
センターの紹介
センターの活動
出版物

(11/25)「オリンピック」化される身体

投稿日時: 2016-11-02

 現在、新国立競技場周辺・豊洲市場・広尾病院・東京外の開催地などオリンピック利権の問題が後を絶ちません。しかし、オリンピック・パラリンピックの問題はそれだけではなく多岐にわたっています。
 〈アジア女性資料センター〉と〈反五輪の会〉が共催し、「スポーツの祭典」の実態をフェミニズムの視点から検証します。
 このセミナーは、この夏オリパラの開催中、ブラジルのリオを視察したいちむらみさこさんから、オリンピックにおけるジェンダー問題について、また、学校現場で働く増田らなさんから、教師を使って子どもたちをオリンピックに動員するオリパラ教育について報告します。
 いまやわたしたちひとり一人が、それぞれの生活や身体に及ぼすオリンピック・パラリンピックの影響を考えざるを得ない状況に立たされています。
 みなさんと情報を共有し、共に考えていきたいと思います。

●オリンピック・パラリンピックのジェンダー問題
「国策イベントで女の身体がコントロールされること」
報告者 いちむらみさこ(アーティスト、反五輪の会)

●オリンピック・パラリンピック教育について
「『オリパラ教育』なんじゃらほい?」
報告者 増田らな(学校労働者、反五輪の会)

日時:2016年11月25日18時半〜20時半
場所:渋谷区穏田区民会館(東京都渋谷区神宮前 6-31-5)
アクセス:https://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_onden.html
参加費:一般800円、会員・学生・生活困窮者500円
共催:アジア女性資料センター、反五輪の会

【お申し込み・お問い合せ】
特定非営利活動法人アジア女性資料センター
E-mail : ajwrc@ajwrc.org TEL : 03-3780-5245 
Fax : 03-3463-9752 HP : http://ajwrc.org
※情報保障などサポートが必要な方は事前にご連絡ください。

印刷用ページ