← 英語(English)       Login [JST]   
センターの紹介
センターの活動
出版物


出版物トップ » 機関誌 :    

[<     30  31  32  33  34  35  36     >]

「女たちの21世紀」No.57【特集】女性の貧困 ― 何が見えなくしてきたのか?

「女たちの21世紀」No.57【特集】女性の貧困 ― 何が見えなくしてきたのか?

2009年3月発行
単価 : ¥1,000 (税込・送料別)

こちらの商品は売切れにつき、コピー販売となります。ご了解のうえご注文ください


数量 :



「年越し派遣村」や反貧困ネットワークの運動は、世界で最も豊かな日本社会に蔓延する貧困を社会問題化することに成功してきました。しかしその中でさえ、女性の貧困は見落とされ、後回しにされがちです。
年収200万円以下で生活する人々の74%を女性が占めているにもかかわらず、何が女性の貧困を見えなくしているのか、女性たちは貧困をどのように経験しているのでしょうか。女性の間のさまざまな違いに注意しつつ、女性たちが求めるセーフティネットのありかたを探りました。

もくじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【特集】女性の貧困 ― 何が見えなくしてきたのか?

「女性で安心、貧乏でも安心」な社会をめざして ― 女性と貧困ネットワーク立ち上げ集会の記録
 Part 1 私の貧困体験
 Part 2 シンポジウム
婦人相談の窓口から見た女性の貧困  鈴木純子
高齢女性の貧困 無年金・低年金問題を中心に  田宮遊子
貧困元年としての1985年 ― 制度が生んだ女性の貧困  藤原千沙
労働はやっぱり怖い ― 「働く女性たち」との対話のあとで  いちむらみさこ
障害女性と貧困  瀬山紀子+臼井久実子
移住女性とその家族にとっての貧困の経験  山岸素子+レニー・トレンティーノ
つなげて考える 貧困・労働・セクシュアリティ  池田幸代+栗田隆子+鈴木水南子+原ミナ汰
レズビアンとビンボーッ by さときん
「女性の貧困」研究への視座  湯澤直美
女性の貧困と社会的排除 その複雑な背景を理解する カナダ女性の地位向上調査研究所(CRIAW)
アフガニスタン女性にとって「貧困」とは何か  久保田真紀子


【国内女性ニュース】
昭和シェル石油裁判 15年の闘いを終えて  野崎光枝
へーゼルさん事件 米軍法会議はレイプ起訴取り下げ
海南島「慰安婦」控訴審 陳金玉さんが被害証言  徳田知恵
NHK「慰安婦」番組改変問題 BPOで審議入り
自由権規約委員会「慰安婦」勧告 政府は受け入れを否定
国籍を喪失する子どもたち  大下富佐江
性教育への政治介入は「不当な支配」
性暴力被害訴え警官と県を提訴
妊娠・出産・育休切りが急増
ホモフォビック発言めぐり、笹川・日本財団会長らと面会  山下梓
被害届の遅れ理由にセクハラ認めず
性暴力訴えた女性自衛官に再任拒否 七尾寿子

【海外女性ニュース】
イスラム法における平等は必要であり、可能だ ―「ムサワ」グローバル・キャンペーンが発足
アメリカ 新大統領がギャグ・ルールを撤廃
パキスタン 紛争の犠牲となる女子教育
アイスランド 世界初レズビアン公表の首相誕生
アイルランド 日本産レイプゲームにショックと怒り
韓国 MTFへの性暴力に初の強かん罪適用
フィリピン 新しいロラズセンター スタート 柴崎温子
ネパール 女性ジャーナリストが殺害される
チリ 「連帯年金」へ主婦加入進む
インド 「女性の飲酒は不道徳」  暴力ふるう右翼にバレンタインギフト
インド インフォーマル労働者に社会保障を拡大
フィリピン レイプ犯米兵の身柄移送を最高裁が命令
イラン エバディさんらに対する攻撃
国連総会 LGBTへの人権侵害を非難
イラク 深刻な女性支援の資源不足 

【AJWRC Information】
女性のためのリーダーシップトレーニング  Vol.2開催
やより賞贈呈式・シンポジウムを開催
春の新規入会&会員継続の方へ ありがとう春キャンペーン♪
リトリート合宿を行いました
センターの主な活動(1月〜3月)
連載 香港便り 小出雅生
連載 町屋通信 佐藤智代子


関連商品
「女たちの21世紀」No.54「ジェンダーから見る住まい・居住権」
「女たちの21世紀」No.47 【特 集】能力主義で「女性の自立」は可能か? 〜「再/チャレンジ」支援策を問う〜


[<     30  31  32  33  34  35  36     >]