← 英語(English)       Login [JST]   
センターの紹介
センターの活動
出版物


出版物トップ » 機関誌 :    

[<     25  26  27  28  29  30  31     >]

「女たちの21世紀」No.62【特集】朝鮮強制併合100年――脱植民地主義のフェミニズムをさぐる

「女たちの21世紀」No.62【特集】朝鮮強制併合100年――脱植民地主義のフェミニズムをさぐる

2010年6月発行
単価 : ¥1,200 (税込・送料別)


数量 :

日本が朝鮮半島を強制的に併合して今年で100年。しかし日本は、植民地支配の罪と責任に真摯に向き合うことなく、今日まで来てしまった。
そうしたなかで、日本のフェミニズムもまた、継続する植民地主義を十分に認識しないままだったのではないか。そのことはフェミニズムの核心に、重大な欠陥をもたらしていないだろうか。
日本の社会とフェミニズムのあり方、私たち一人ひとりの意識を見つめなおすことで、歴史的視野に立ち、植民地主義を克服するフェミニズム運動をめざす一歩としたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【特集】朝鮮強制併合100年――脱植民地主義のフェミニズムをさぐる

日本の植民地支配と朝鮮女性  宋連玉
資料 近代日本の植民地支配
戸籍制度と植民地支配  佐藤文明
自らの権利と責任に向き合わなければ、植民地主義を終わらせることはできない  鄭暎惠 
日本のフェミニズムと植民地主義 これまでとこれから  菊地夏野
「植民地責任」に国際社会と日本はどう向き合うか  永原陽子

【済州島から日韓100年の歴史をひもとく】
歴史的正義への試みと記憶――朝鮮戦争前後の民間人虐殺事件をめぐって  李 叉
4・3事件を生き延びた在日女性 金東日さん
済州島スタディツアー報告

【緊急インタビュー】 高里鈴代さん
いつまで沖縄を「平和」の代償にし続けるのか

【国内ニュース】
裁判員制度導入から1年 性暴力事件はどう裁かれたか
第3次男女共同参画基本計画策定の動向
性・生き方に中立な社会政策を 大沢真理さんが講演
「嫡出」欄非記載の出生届受理へ
知的障害児の性的虐待裁判 証言の信用性認める判決
障害等級の男女差に違憲判決
国連特別報告者が人身売買対策強化を勧告
すてっぷ館長雇い止め逆転二審勝訴
WOMEN’S ”WALKING” MAYDAY in SHIBUYA
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動2010がスタート

【海外ニュース】
ウガンダ 同性愛禁止法案にアメリカ宗教保守派の関与
ヨーロッパ 広がるブルカ着用禁止
ローマカトリック教会 性的虐待で問われる教会の責任
国連 アジア家事労働者メーデー
サウジアラビア 12歳少女が離婚をかちとる
フィリピン 安保理決議1325&1880 国内行動計画を策定
アイスランド ストリップクラブの経営禁止へ
女性戦犯法廷法律顧問 ロンダ・カプロンさん死去

【AJWRC information】
2010年度会員総会報告
女性センターについて内閣府へ意見書を提出
センターの主な活動(4月〜6月)
資料室から
香港便り 小出雅生
町屋通信 佐藤智代子


[<     25  26  27  28  29  30  31     >]